想いと政策

想い

 

profile_img_akamine

私は、沖縄戦から間もない1947年、旧小禄村(現在の那覇市)で生まれ、悲惨な戦争の傷跡が残る中で、少年時代を過ごしました。父親の畑仕事を手伝うようになると、私の役割は、散乱した戦争犠牲者の遺骨の断片を畑の四隅に積み上げることでした。

高台にある小学校は、米軍那覇飛行場(現在の那覇空港)の爆音にさらされ、授業もしばしば中断しました。米軍の直接統治下で、米兵による強姦事件などが処罰されないことに大きな怒りを抱いていました。

異民族支配の下にあった沖縄の不条理を打破したい。強い気持ちに突き動かされて、大学在学中の1967年、日本共産党に入党しました。

大学卒業後、教師として、石垣島の八重山高校に赴任しました。そこで目の当たりにしたのは、相次ぐ台風や干ばつに襲われ、離島苦にあえぐ島の人々の生活でした。当時、1972年の本土復帰をへて、日本共産党は沖縄でも公然と活動できるようになっていました。私は、政治を変えたいと教師を辞し、日本共産党八重山郡委員会の専従職員になることを決めました。

命どぅ宝。基地のない平和で豊かな沖縄をつくりたい。これが私の原点です。

いま沖縄では、従来の保守・革新の立場の違いを乗りこえて、「オール沖縄」のたたかいが広がっています。その先頭に翁長雄志県知事が立っています。沖縄1区の私の議席も「オール沖縄」を象徴するもので、翁長知事のたたかいと一体です。

普天間基地をただちに閉鎖・撤去し、辺野古新基地建設を断念させる。経済発展の最大の阻害要因である基地をなくし、誇りある豊かな沖縄をつくる。私たちの世代の責任だと思っています。

ご一緒に力を合わせて、沖縄の新しい未来を切り拓きましょう。

 

政策

 

基地のない平和な未来を子どもたちに
  • 米軍普天間基地をただちに閉鎖・撤去し、辺野古への新基地建設の断念とオスプレイ配備の撤回を求めます。沖縄県の翁長知事と協力し、「オール沖縄」を全国に広げ、「建白書」の実現に全力をつくします。
  • 東村高江の集落を取り囲むように、オスプレイやヘリの着陸帯を建設する政府の計画を中止・撤回させ、北部訓練場の全面返還を求めます。やんばる地域の世界自然遺産登録をすすめます。
  • 嘉手納基地への外来機の飛来、深夜・早朝と住宅地上空の飛行、即応訓練をただちに中止し、騒音防止協定を遵守することを求めます。F15戦闘機部隊の撤退を求めます。
  • 伊江島補助飛行場やキャンプ・ハンセン、嘉手納弾薬庫、トリイ通信施設など、沖縄本島北部・中部地域の基地機能の強化と住民被害の拡大に反対します。
  • 米軍による民間空港・港湾の使用に反対します。ホワイトビーチへの米原子力潜水艦の寄港を許しません。
  • 那覇軍港や牧港補給地区、キャンプ瑞慶覧など嘉手納以南の土地返還は、移設条件付きをやめ、無条件で返還をすすめることを求めます。
  • 米軍基地の跡地利用は、政府が責任を持って、地権者と住民の意見を尊重してすすめることを求めます。基地従業員の雇用問題に取り組みます。
  • 米軍の訓練水域・空域の廃止、鳥島・久米島の両射爆撃場の返還を求めます。
  • 日米地位協定の抜本的な改定を求めます。
  • 在沖米海兵隊の撤退と米軍基地の大幅な整理・縮小を求めます。
  • 日米安保条約を廃棄し、基地のない平和な沖縄・日本をめざします。日米友好条約を結びます。

実績を見る(基地・安保)→

一人ひとりが安心してくらせる社会に
  • 子どもの貧困解消に向けて、市町村に対する国の財政支援を引き上げ、就学援助制度を拡充します。支援員の確保や子ども食堂などの居場所づくりへの支援を地域の実情に即してすすめます。
  • 認可保育園を国の責任で思い切って増設し、保育の質を維持・向上させながら、待機児童を解消します。公的夜間保育園の増設、病時・病後時保育への支援を拡充します。
  • 幼児教育の無償化をめざします。
  • 子どもの医療費無料化を推進します。産科・小児科医療の確保のために、公的支援を抜本的に拡充します。
  • 母子・父子世帯などのひとり親家庭への支援を拡充します。
  • 30人以下学級、少人数学級を推進します。学童クラブへの支援を拡充します。
  • 児童相談所を増設し、職員研修を充実させて、児童虐待防止対策を強化します。
  • 返済のいらない「給付型奨学金」を国の制度として創設します。奨学金を返済中の既卒者への減免制度をつくります。
  • 学費値上げを許さず、国の交付金を増やして学費値下げにふみだします。
  • 消費税10%への増税は、延期ではなく、増税そのものの中止を求めます。
  • 最低時給1000円以上をただちに実現し、将来的に1500円をめざします。
  • 同一労働・同一賃金を実現します。働く女性に対する差別と格差を是正します。
  • 「残業代ゼロ」制度を導入する労働法制の規制緩和に反対します。労働者派遣法は抜本改正し、派遣労働を一時的・臨時的な業務に限定します。
  • 沖縄県の翁長知事と連携・協力し、新たな産業と雇用を創出します。
  • サービス残業をなくし、労働時間を短縮させて、安定した雇用を拡大します。ブラック企業規制法案を成立させます。
  • 保育士や介護士の給与引き上げなど、処遇を改善します。
  • 公契約法をつくります。国・自治体と受注企業との契約で、生活できる賃金などを保障させます。
  • 職業訓練などを通じて、若者の社会参加を支援します。
  • 国庫負担の増額による国保料(税)の引き下げをすすめます。沖縄戦に起因する国保財政の悪化に取り組みます。
  • 年金削減にストップをかけ、無年金・低年金問題の根本的解決をめざします。
  • 介護保険の大改悪を許さず、高齢者も現役世代も安心できる公的介護制度をめざします。
  • LGBT差別解消法案を成立させ、性的指向や性自認を理由とする差別の解消を求めます。

実績を見る(くらし)→

誇りある豊かな沖縄をつくる
  • 経済発展の最大の障害である米軍基地の返還をすすめて、新たな産業と雇用を創出し、誇りある豊かな沖縄をつくります。
  • 沖縄振興を基地とリンクさせる動きを許しません。
  • 沖縄振興予算の県外企業への還流を改め、地元企業に恩恵が行き渡る施策を推進します。
  • 沖縄都市モノレールの延長、南北を縦貫する鉄軌道やLRTなど、環境や交通弱者に優しい交通ネットワークの整備を住民合意ですすめます。
  • 沖縄の基幹作物であるサトウキビ生産への支援を拡充します。亜熱帯気候を活かした農漁業の振興、6次産業化や担い手の育成をすすめます。
  • 航空運賃の低減や生活資材等への輸送費補助など国の支援を拡充し、離島に住み続けられる環境を整備します。島々の特産品を活かした多様な産業を育成・支援します。
  • TPPに反対し、沖縄の農畜産業・漁業への支援を拡充します。
  • 中小企業、伝統工芸産業の振興をはかります。
  • 酒税の軽減措置の延長を求めます。
  • 日台漁業取り決め、日中漁業協定の見直しを求めます。
  • 沖縄の貴重な自然環境の保全・回復に取り組みます。
  • 原発の再稼動に反対します。原発ゼロを政治決断し、再生可能エネルギーを推進します。

実績を見る(経済振興)→

憲法9条を生かし、平和なアジアと世界を
  • 沖縄戦の悲劇を二度と繰り返してはなりません。沖縄の平和の心を全国に広げます。
  • 憲法改悪を阻止するために全力をつくします。
  • 憲法違反の安保法制=戦争法を廃止し、集団的自衛権行使を容認した閣議決定の撤回を求めます。
  • 日米新ガイドラインと国家安全保障戦略・防衛大綱・中期防の撤回を求めます。自衛隊の海外派兵に反対します。
  • 南西諸島への自衛隊配備、自衛隊と米軍による基地の共同使用に反対します。那覇空港の民間専用化を求めます。
  • 憲法9条を生かし、東アジアに平和的環境をつくるための外交努力を求めます。周辺諸国との意見の違いやもめごとは、平和的な話し合いで解決する立場に徹することを求めます。
  • 軍事費を削減し、福祉やくらしに予算をふりむけます。オスプレイやF35ステルス戦闘機、新型イージス艦をはじめとする海外派兵型装備やミサイル防衛の導入をやめることを求めます。米軍への「思いやり予算」と「米軍再編」関係経費、SACO関係経費の廃止を求めます。
  • 武器輸出禁止三原則を撤廃した閣議決定を許さず、武器輸出の全面禁止を求めます。軍事研究に大学や研究者を引き込む動きを許しません。
  • 秘密保護法の廃止を求めます。
  • 自衛隊情報保全隊による憲法違反の国民監視を許しません。
  • 沖縄戦の歴史歪曲を許しません。侵略戦争を肯定・美化する動きを許しません。
  • DNA鑑定や米軍基地内への立入りなど、沖縄戦の遺骨収集の取り組みを後押しします。

実績を見る(憲法・自衛隊)→

このページをシェアする