国会質問

質問日:2023年 11月 30日  第212国会  憲法審査会

9条蹂躙の武器輸出 赤嶺議員、紛争地で使われる

衆院憲法審

 衆院憲法審査会は11月30日、自由討議を行いました。日本共産党の赤嶺政賢議員は、イスラエル・ガザ紛争について「いま緊急に必要なことは戦闘休止を停戦につなげることだ」と主張。イスラエル・パレスチナ問題は武力で争いごとは解決できないことを示していると述べ、「憲法9条に基づく平和外交が強く求められる」と強調しました。

 赤嶺氏は、イスラエルがガザへの空爆に使用しているF35戦闘機は、米国の一元的な管理のもとで、共同開発国9カ国と日本やイスラエルなどが部品を融通し合って生産していると指摘。2013年に安倍政権が導入国に対し、F35の部品を輸出することを可能にした際、政府は「(部品輸出は)国際紛争の助長にはつながらない」と主張していたことを示し、「実際に、国際法も無視した無差別攻撃に使われる事態になっている」と批判しました。

 さらに、岸田政権が「防衛装備移転三原則」とその方針を見直し、殺傷兵器の輸出解禁に踏み切ろうとするもとで、与党は、国内企業が米国のライセンスを使用して生産した兵器を米国や第三国に輸出できるようにすることを検討していると指摘。米国はイスラエルやウクライナへの軍事支援で武器や弾薬が不足しており、「輸出を解禁すれば、日本製の兵器が直接紛争地で使用されることになる」と述べ、「憲法9条を蹂躙(じゅうりん)する武器輸出の拡大はいますぐやめるべきだ」と強調しました。(しんぶん赤旗ホームページ)

 

質問の映像へのリンク

9条蹂躙の武器輸出(衆院憲法審)

このページをシェアする