国会質問

質問日:2022年 6月 1日  第208国会  予算委員会

「建議書」受け止めよ 衆院予算委 赤嶺氏 基地のない沖縄 実現迫る

「日本列島が戦場になる」

 日本共産党の赤嶺政賢議員は1日の衆院予算委員会で、岸田文雄首相に対し、沖縄の本土復帰50年にあたり玉城デニー知事が首相に手渡した新たな建議書を正面から受け止め、「基地のない平和な沖縄」の実現に取り組むよう迫りました。

 建議書は、普天間基地の運用停止や辺野古新基地建設の断念、日米地位協定の抜本的見直しなどを求めました。赤嶺氏は、建議書について首相は「しっかり受け止めたい」と述べるも、5月の日米首脳会談で辺野古新基地建設の着実な推進や軍事費の「相当な増額」を約束したと指摘。「建議書の内容を受け止めないどころか、真逆の方向に突き進んでいる」と批判しました。

 また、サンフランシスコ平和条約で沖縄が本土から切り離され、米軍占領下に置き去りにされたのと同じ4月28日に、政府が辺野古新基地建設に向けた防衛省の設計変更申請を承認するよう県に是正を指示したことについて、「沖縄の歴史への理解があれば選択できないはずの日だ」と強調しました。

 岸田氏は、「4月28日は沖縄県民にとって重要な日だ」とした上で、「当日に私は是正指示の報告を受けたが、法にのっとり判断されたと承知している」と答弁。赤嶺氏は、県民にとって「屈辱の日」と知りながら是正指示を出したのは「絶対に納得できない」とし、「自民党政権の沖縄に対する無理解、非情さには開いた口がふさがらない」と厳しく批判しました。首相が狙っている軍拡や敵基地攻撃能力保有について、「抑止が崩れた時に戦場になるのは沖縄であり、日本列島だ。住民避難は不可能だと沖縄戦の歴史が証明している」と強調しました。(しんぶん赤旗 2022年6月2日)

質問の映像へのリンク

「建議書」受け止めよ(衆院予算委)

このページをシェアする