国会質問

質問日:2021年 4月 20日  第204国会  本会議

「辺野古推進確認」を批判 衆院本会議

首相訪米報告で赤嶺議員

 日米首脳会談に関する菅義偉首相の報告と質疑が20日の衆院本会議で行われ、日本共産党の赤嶺政賢議員は、沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設に固執する政府の姿勢を追及し、普天間基地の無条件撤去を求めました。

 両首脳は、普天間基地の固定化を避ける唯一の解決策だとし、新基地建設の着実な推進を再確認しました。赤嶺氏は、1996年の普天間基地の返還合意から25年が経過したことを挙げ、「この計画こそが四半世紀もの間、普天間の固定化をもたらしてきた」と批判しました。

 日米共同声明が、自由・民主主義・人権・国際法などの価値を強調していることに関し、「ならばなぜ、新基地建設反対の沖縄県民の意思を受け止めないのか。国際法に違反して構築した普天間基地は無条件撤去すべきだ」と迫りました。

 菅首相は「辺野古移設が唯一の解決策」だと繰り返しました。

 赤嶺氏は、同声明が日米同盟の一層の強化と日本の防衛力強化への決意を明記したことについて、「米軍の中距離ミサイル配備や敵基地攻撃能力の保有など軍事態勢の強化は、地域の緊張を高め、軍事対軍事の悪循環に陥る」と指摘。「台湾海峡の平和と安定の重要性」に言及したことについて、「米国の対中戦略に沿い、台湾海峡をめぐる問題に軍事的に関与していくのか」と追及しました。

 菅首相は「台湾海峡への軍事的関与などを予断するものではない」と答弁。赤嶺氏は「台湾住民の自由に表明された民意を尊重し、平和的な話し合いで解決されるべきだ」と強調しました。

 

“バイデン氏のものと認識”

五輪めぐる質問 首相が釈明

 菅義偉首相は20日の衆院本会議で、日米首脳会談後の共同会見で、東京五輪・パラリンピックをめぐり、「公衆衛生の観点から準備ができていない段階で進めるのは無責任ではないか」との米メディアの質問に答えなかった問題で、「バイデン大統領への質問と認識し、結果として回答漏れがあった」と釈明しました。日本共産党の赤嶺政賢議員への答弁。

 赤嶺氏は、開催ありきの姿勢を批判し、「大規模検査による感染封じ込め、医療機関への減収補てんと病床確保、事業を続けられるだけの十分な補償に直ちに踏み出し、今夏の東京大会は中止を決断すべきだ」と強調しました。

 

 

首相の訪米報告に対する赤嶺議員の質問(要旨)

衆院本会議

 日本共産党の赤嶺政賢議員が20日の衆院本会議で行った、菅義偉首相の訪米報告に対する質問(要旨)は次の通りです。


 東京五輪・パラリンピック開催への菅首相の決意に、バイデン米大統領から支持表明があったとしていますが、他国の大統領の意向ではなく、世界的な感染拡大の状況と国内の医療提供体制から判断すべきです。会見で菅首相は、「公衆衛生の観点から準備ができていない段階で進めるのは無責任ではないか」との質問に答えませんでした。今夏の開催中止を決断すべきです。

 日米両政府による普天間基地の返還合意から25年。5年ないし7年以内との約束は果たされず、政府は、(辺野古新基地建設に関わる)軟弱地盤の改良工事で、更に12年、9300億円かかるとしています。この計画こそが、普天間の固定化をもたらしています。

 共同声明は、自由と民主主義、人権、国際法などの普遍的価値を強調しています。ならば、沖縄県民の新基地建設反対の意思をなぜ受け止めないのか。国際法に違反し、住民の土地を奪って構築した普天間基地は無条件で撤去すべきではないですか。日米地位協定の抜本改正をなぜ提起すらしないのですか。

 辺野古の埋め立てに沖縄戦最後の激戦地である本島南部の土砂を使用する政府の計画に、県民の怒りが広がっています。沖縄戦遺骨収集ボランティアの具志堅隆松代表のハンガーストライキを、多くの県民が激励し、「血や肉や骨が土に戻った場所を埋め立てに使わないでほしい」「南部は遺族、県民にとって祈りの地。静かに眠らせてほしい」と訴えました。戦没者を冒涜(ぼうとく)し、遺族の気持ちをかき乱す計画の撤回を強く求めます。

 共同声明は、日米同盟の一層の強化と、日本の防衛力強化への決意を明記しました。同盟強化の具体的方法として何を検討するのですか。米軍の中距離ミサイル配備や日本政府による敵基地攻撃能力保有など軍事態勢の強化は、地域の緊張をさらに高め、軍事対軍事の悪循環に陥るだけです。沖縄の基地負担と軍事費・思いやり予算の更なる拡大をもたらす日米軍事同盟の強化は容認できません。

 共同声明は、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促すと明記しました。米国の対中軍事戦略にそって、台湾海峡をめぐる問題に軍事的に関与するということですか。この問題は、台湾住民の自由に表明された民意を尊重し、平和的な話し合いで解決されるべきです。米中双方に、緊張を高めるいかなる行動も厳に慎むよう働きかけるべきです。(しんぶん赤旗 2021年4月21日)

質問の映像へのリンク

「辺野古推進確認」を批判(衆院本会議)

このページをシェアする