国会質問

質問日:2020年 6月 18日  第201国会  沖縄北方特別委員会

沖縄伝統芸能 コロナで継承困難 赤嶺氏「国が財政支援を」

 

 日本共産党の赤嶺政賢議員は18日の衆院沖縄北方特別委員会の閉会中審査で、新型コロナウイルス感染症で深刻な影響が出ている沖縄県の伝統芸能への財政支援を求めました。

 赤嶺氏は、公演の延期や中止で収入が絶たれる一方で稽古を行う道場の土地代や家賃が重い負担となり、芸能をあきらめる沖縄伝統芸能の実演家が多くいる実態を示し、「伝統芸能の継承にとって大きな痛手だ」と強調。新型コロナで影響を受ける文化芸術団体への支援を目的として5月に創設された「文化芸術復興創造基金」に国が1000億円規模の拠出を行うよう求めました。

 衛藤晟一沖縄・北方担当相は「首里城の復元や琉球文化の復興などを全体で進めなければいけない」と述べました。

 赤嶺氏は、新型コロナの影響で減収した事業者が沖縄振興開発金融公庫へ融資を申請した際、過去の借り入れを理由に門前払いされた事例があると指摘。「事業者の実情に応じて最大限配慮する」とした政府の通知(3月6日)の周知徹底を求めました。衛藤担当相は「現場で徹底されるように求めていく」と答弁しました。(しんぶん赤旗 2020年6月23日)

 

質問の映像へのリンク

新型コロナ 文化芸術への支援を(衆院沖縄北方特別委)

このページをシェアする