国会質問

質問日:2022年 10月 27日  第210国会  安全保障委員会

基地内捜査 仕組みを 安保委 米軍流れ弾で赤嶺氏

 

 日本共産党の赤嶺政賢議員は27日の衆院安全保障委員会で、7月に米軍キャンプ・ハンセンに隣接する沖縄県金武町伊芸区の民家が被弾した事件をとりあげ、警察による米軍基地内の速やかな捜査を可能とする仕組みづくりなど抜本的な対策を求めました。

 7月6日に同区の民家のガラスが割れ、付近から重機関銃の弾芯(銃弾の中心にある金属部分)が発見されました。米軍は関与を否定しています。

 赤嶺氏は、同区が2013年にまとめた資料をもとに1956年以降、区内で少なくとも35件の被弾が確認されていると指摘。「地元の人は肌感覚で米軍の銃弾だと分かるが、日米地位協定の壁で客観的な捜査ができない。異常ではないか」と迫りました。浜田靖一防衛相は「地元の不安払しょくのため日米で協力したい。指摘は重く受け止めたい」と述べました。

 赤嶺氏が今回の事件について米軍との捜査協力の状況をただすと、警察庁の親家和仁審議官は、9月中旬に県警が米軍に弾芯の確認をしたが、現時点で回答がないと明らかにしました。赤嶺氏は、2008年に同区で発生した被弾事件で県警による基地内への立ち入り捜査に1年近くかかったと指摘。「これではうやむやにされかねない。県警が必要と判断すれば速やかに立ち入り捜査できる仕組みを検討すべきだ」と強調しました。林芳正外相は「新たな仕組みが必要な捜査の支障は生じていない」と否定的な見解を示しました。(しんぶん赤旗 2022年10月28日)

 

質問の映像へのリンク

基地内捜査 仕組みを(衆院安保委)

参考資料

委員会配布資料

このページをシェアする