国会質問

質問日:2022年 5月 19日  第208国会  憲法審査会

平和実現の根幹覆す 赤嶺氏 「9条改憲より外交努力」 衆院憲法審

 

 衆院憲法審査会は19日、安全保障をテーマに自由討議を行いました。日本共産党の赤嶺政賢議員は、県民の4人に1人が犠牲となった沖縄戦の実相に触れながら、同県糸満市の摩文仁(まぶに)の丘にある平和祈念資料館の「戦争をおこすのは人間です しかし 戦争を許さない努力のできるのも人間」との言葉を示し、「9条改憲は平和憲法の根幹を覆す。必要なのは戦争にしないための外交努力だ」と主張しました。

 赤嶺氏は「平和の島」実現を求めた玉城デニー沖縄県知事の「建議書」について触れ、「県民の願いに逆行し、沖縄を含む南西諸島で自衛隊が配備され、日米一体での軍拡が進められている。沖縄を再び戦争の最前線にしようとすることは断じて容認できない」と主張。「台湾有事は日本有事だ」という主張について、安保法制=戦争法を発動し、台湾問題に介入した米軍の軍事作戦に自衛隊が加わるものだと指摘し、「そのとき軍事拠点となるのは南西諸島だ。住民が犠牲になるのは明らかだ」と強調しました。

 赤嶺氏はさらに、政府が集団的自衛権の行使として「敵基地攻撃」を行うことは可能だと答弁したことを批判し、「日本に対する武力行使が行われていないにもかかわらず、他国を攻撃するなど憲法9条のもとで許されない」と述べました。

 立憲民主党の奥野総一郎議員は、多くの国民は9条改憲に慎重だとして「改憲ありきの議論はすべきでない」とけん制しました。(しんぶん赤旗 2022年5月20日)

 

質問の映像へのリンク

9条改憲より外交努力(衆院憲法審)

このページをシェアする