活動報告

沖縄県議選 共産党7氏全員当選 “基地よりコロナ対策”に共感 1議席増

カテゴリー:

沖縄の進路や日本の民主主義がかかった沖縄県議選が、6月7日投開票されました。午後11時時点で、日本共産党の6人全員が当選確実になりました。

 

 当確になったのは、那覇市・南部離島区(定数11)の、とぐち修候補(67)=現=、比嘉みずき候補(45)=現=、豊見城市区(定数2)のセナガ美佐雄候補(58)=現=、島尻・南城市区(定数4)の、たまき武光候補(71)=現=、糸満市区(定数2)の玉城ノブコ候補(73)=前=、沖縄市区(定数5)の、しまぶく恵祐候補(33)=新=。

 

 浦添市区(定数4)の西銘純恵県議は、無投票当選となっています。前回県議選では、日本共産党は6人が当選し、今回は7人が立候補しました。“基地よりコロナ対策”の訴えに共感が広がりました。(しんぶん赤旗 2020年6月8日)

このページをシェアする