活動報告

衆院憲法審幹事懇の開催

カテゴリー:

野党「認められない」

 野党の衆院憲法審査会幹事懇談会メンバーは20日、国会内で記者会見し、与党が国民投票法改定案の今国会成立の方針を撤回しなければ、幹事懇の開催には応じられないとの立場を表明しました。

 立憲民主党の山花郁夫議員は「頭ごなしに『採決を』という話は撤回するよう求める。それが確認できなければ、幹事懇開催も難しい」と述べました。

 日本共産党の赤嶺政賢議員は「これまでの与野党間の協議を根底からぶち壊すもので、協議の前提を欠いている」と批判しました。

 国民民主党の奥野総一郎議員は「国民投票法では、与党案と対案の並行審議を求めてきた。いきなり採決は理解できない。野党一致結束してがんばっていきたい」と表明しました。(しんぶん赤旗 2020年5月21日)

このページをシェアする