国会質問

質問日:2019年 11月 7日  第200国会  憲法審査会

憲法違反の現実見よ 衆院憲法審査会 赤嶺氏が主張

 

 衆院憲法審査会が7日開かれ、9月の欧州4カ国視察団の報告を受けました。視察団長の自民党の森英介議員は団長所見として、ドイツの「基本法」改正について、「63回という改正回数に目を奪われがちだが、表面的な数字のみにとらわれることなく、その国の憲法をめぐる政治文化や背景も考慮しなければならないことに気づかされた」と述べました。

 日本共産党の赤嶺政賢議員は、森氏の団長所見について「示唆的だ」と感想を述べ、日本国憲法が第2次世界大戦への痛切な反省から、徹底した恒久平和主義を採用した背景に言及し、9条を生かす政治がいま求められてと強調。「国民の多数が憲法改正を望んでいないもとで、改憲原案の発議を任務とする憲法審査会は動かすべきではない」と述べました。

 また、赤嶺氏は、改憲議論ではなく、沖縄への米軍基地押しつけなど「憲法原則に反する現実を議論すべきだ」として、「その議論の場は憲法審査会ではなく、予算委員会をはじめとする常任委員会でやるべきだ」と述べました。

 同日の幹事会では、今後の運営について自民党の新藤義孝議員は、来週、自民・公明両党提出の国民投票法改定案の質疑・採択を主張。立憲民主党の山花郁夫議員は「海外視察報告について、もう一度議論する必要がある」として、引き続き協議することになりました。(しんぶん赤旗 2019年11月8日)

 

質問の映像へのリンク

憲法違反の現実見よ(衆院憲法審査会)

このページをシェアする