活動報告

新基地阻止へ奮闘 参加者ら決意 沖縄・糸満

カテゴリー:

 参院選で、日本共産党の躍進と「オール沖縄」のタカラ鉄美・沖縄選挙区予定候補の必勝をと6月27日、沖縄県糸満市内で党主催の演説会が開かれました。島袋恵祐党比例予定候補らが演説し、参加者は同県名護市辺野古米軍新基地建設の阻止と、憲法を守るため、猛奮闘することを改めて決意しました。

 

 32歳で元自衛隊員、新人の島袋予定候補は「国民にウソをつき続けている人たちに、私たちの命や暮らしを任せることはできない」と安倍政権を批判。「日本と沖縄の未来がかかった大事な選挙、比例では日本共産党を強く大きく伸ばし、選挙区ではタカラ候補を勝利させるため、ともに全力で頑張っていきましよう」と呼びかけました。

 

 日本共産党の仁比そうへい参院議員(比例代表予定候補)、赤嶺政賢衆院議員からのメッセージが読み上げられました。タカラ予定候補の代理として選対の政策責任者の比嘉京子県議、渡久地修党県議団長なども訴えました。(しんぶん赤旗 2019年6月29日)

 

このページをシェアする