国会質問

質問日:2024年 6月 13日  第213国会  安全保障委員会

沖縄戦美化の句削除を 衆院安保委で赤嶺議員 陸自HPに掲載

 

 日本共産党の赤嶺政賢議員は13日の衆院安全保障委員会で、陸上自衛隊第15旅団がホームページにアジア・太平洋戦争末期の沖縄戦を指揮した旧日本軍第32軍の牛島満司令官の辞世の句を掲載していることについて、「沖縄戦を美化するもので防衛省・自衛隊の認識が問われる」と厳しく批判し、削除を求めました。

 木原稔防衛相は、15旅団の前身である臨時第1混成群の初代群長・桑江良逢氏が強い思いを持って牛島氏の辞世の句を部隊史に寄稿し、その寄稿を資料として掲載する意図だったとして削除を指示していません。

 赤嶺氏は「強い思いを持っていたとしても掲載するかは別問題だ。内容として適切かを組織として判断すべきではないか」とただしました。木原氏は「吟味した上で情報発信されるべきだ」とする一方、「各部隊において対応されるべきだ」と述べるにとどめました。

 赤嶺氏は、沖縄戦は国体護持を至上命令として本土決戦を遅らせるための捨て石作戦だったと指摘。首里城地下の司令部陥落を前に住民が避難する南部に撤退しながら持久戦を継続する方針を取ったため、兵士による壕(ごう)からの追い出しや食料略奪、殺害、強制集団死などで甚大な犠牲をもたらしたと強調しました。

 赤嶺氏は、こうした沖縄戦の性格や指導部の責任の記述もなく辞世の句が掲載されているとし「不適切であることは明らかだ」と指摘しました。木原氏は「さまざまな意見がある」などと答弁。赤嶺氏は「第32軍の沖縄戦での行動は意見の違いではない。沖縄戦の反省を抜きに肯定するのか」と追及し、削除を求めました。(しんぶん赤旗 2023年6月14日)

 

 

対馬丸と同じ過ちに

部隊展開の復路で住民避難

衆院安保委で赤嶺議員批判

 日本共産党の赤嶺政賢議員は13日の衆院安全保障委員会で、政府が安保3文書に基づき、南西諸島への自衛隊の部隊展開と住民避難を一体で進めようとしている問題を明らかにし批判しました。

 政府は昨年12月の関係閣僚会議資料で、自衛隊による空港・港湾の利用について、「状況に応じて必要な部隊を迅速に機動展開。併せて国民保護を実施」するとしています。

 赤嶺氏が「同一の船舶・航空機を使用するのか」とただしたのに対し、木原稔防衛相は「機動展開の復路において、自衛隊の輸送力を用いて住民を輸送し避難させる」と認めました。赤嶺氏は「住民が攻撃にさらされる危険は増大する」と追及。木原氏は「帰りは空になり合理的だ」と開き直りました。赤嶺氏は、疎開児童らを乗せ撃沈された対馬丸が沖縄への部隊輸送を担っていた事実を指摘し、「同じ過ちを繰り返すことになる」と警告しました。

 赤嶺氏は、米海兵隊の「遠征前進基地作戦」(EABO)に関し、住民避難の前に米軍が島々に展開する可能性を質問。防衛省の加野幸司防衛政策局長は「個別具体的に判断される」として否定しませんでした。赤嶺氏は「米軍が展開すれば攻撃対象になり、住民は取り残される」と政府の方針を批判しました。(しんぶん赤旗ホームページ)

質問の映像へのリンク

沖縄戦美化の句削除を(衆院安保委)

このページをシェアする