活動報告

沖縄県議選支援を たまき党県議が事務所開き 赤嶺氏駆け付け

カテゴリー:

自民党・安倍政権が狙う日本共産党追い落としをはね返し、沖縄県議選(5月29日告示、6月7日投票)での党7候補全員と「オール沖縄」勢力の勝利に向けて2月29日、再選をめざす、共産党の、たまき武光県議(島尻・南城市区)の事務所開きが市内で行われました。赤嶺政賢衆院議員も駆け付けました。

 

 赤嶺氏は、県民の総意として日本政府に提出した、同県名護市辺野古の米軍新基地建設の断念や米軍普天間基地(同県宜野湾市)の即時閉鎖・返還などを求める「建白書」が、歴史公文書として永久保存されることになったと説明しました。

 

 赤嶺氏は「歴史に残るたたかいを私たちはしている。(新基地反対の)玉城デニー県政を支えるため、たまき県議を押し上げてほしい」と訴えました。

 

 たまき県議は、オール沖縄の現県政だからこそ、子どもの貧困対策や暮らし充実、農漁業発展のための制度の拡充と新たな施策が実行できると強調。「法律無視の、何でもありの安倍政権の打倒につながる県議選で、皆さんのご支援を心からお願いしたい」と呼びかけました。

 

 オール沖縄の瑞慶覧長敏・南城市長の連帯のメッセージも紹介され、参加者らは「力を合わせて頑張ろう!」と三唱しました。(しんぶん赤旗 2020年3月2日)

このページをシェアする