活動報告

〝宝の議席〟受け継ぐ しまぶく県議予定候補が決意 沖縄

カテゴリー:

沖縄市内で9月28日、沖縄県の日本共産党中部地区委員会主催で「党創立97周年を祝うつどい~50年・永年党員証伝達式」が開かれました。ベテラン党員らを前に、来年6月予定の県議選勝利に向けて、しまぶく恵祐予定候補(33)=新=が「全力で、笑顔で頑張る」と決意を語りました。

 同市区(定数5)選出で党県議団長などを歴任した嘉陽宗儀県議(77)は勇退。嘉陽県議は、「米軍を追い出すまで共に頑張ろう」と呼びかけました。

嘉陽県議からバトンを託された元自衛隊員の、しまぶく予定候補は「長年、住民の苦難軽減の役割を担ってきた嘉陽県議の議席を、なんとしても受け継ぐ」と力を込めました。

赤嶺政賢衆院議員(党県委員長)は「オール沖縄」や市民と野党の共闘での党の献身的な奮闘を強調。「しんぶん赤旗」読者など党勢拡大の好機であると強調しました。(しんぶん赤旗 2019年10月1日)

 

このページをシェアする