活動報告

参院選公示 党幹部駆ける/沖縄で穀田国対委員長 タカラ選挙区候補、島袋比例候補を応援

カテゴリー:

参院選(21日投票)勝利に向けて日本共産党沖縄県委員会は7月4日、穀田恵二衆院議員・国対委員長を迎えて那覇市内で街頭演説を行いました。穀田氏は「市民と野党の共闘を発祥させた沖縄で、オール沖縄のタカラ鉄美選挙区候補の勝利と日本共産党の躍進を実現し、沖縄の民意を素直に実行する政治をつくろう」と呼びかけました。

 

 穀田氏は、野党などの「共通政策」に、沖縄県民が反対する同県名護市辺野古米軍新基地建設の中止などが盛り込まれたことを紹介。「野党共闘が大きく前進しているのは、沖縄のたたかいがあってこそ」と強調しました。

 

 穀田氏は、憲法学者のタカラ候補を国会に押し上げ、「憲法を守る布陣を強くしよう」と述べ「新基地反対を貫き、財界・アメリカ言いなりではなく、物を言う日本共産党の躍進で政治を変えよう」と訴えました。

 

 タカラ候補は、新基地建設を強行する安倍政権に立ち向かう玉城デニー県政を国政から支えると述べ「憲法の真髄と沖縄の思いを安倍政権にぶつける」と力を込めました。

 

 島袋恵祐党比例代表候補は「安倍政権を追い込み、自民党政治を終わらせ、希望と安心の日本を切り開く選挙にしたい」と決意表明。赤嶺政賢党衆院議員も演説しました。(しんぶん赤旗 2019年7月5日)

 

このページをシェアする