活動報告

衆院憲法審きょう開催 赤嶺議員が開催に反対 自民 強引運営を陳謝

カテゴリー:

衆院憲法審査会の幹事懇談会が4月24日、開かれました。自民党筆頭幹事の新藤義孝議員は、与党が憲法審の強引な開催を迫ってきたことについての野党側の抗議を「重く受け止め、おわびする」と陳謝。また、自民党の萩生田光一幹事長代行が「憲法審をワイルドに進める」と発言したことについても「本人に注意し、抗議した」と弁明しました。

 つづいて幹事懇で、自民党は国民投票でのテレビCM規制について民放連からの意見聴取を提案。参考人招致の議決を25日の憲法審で行うことになります。日本共産党の赤嶺政賢議員は「憲法審の開催は改憲につながるものであり、開くべきではない」と反対しました。(しんぶん赤旗 2019年4月25日)

このページをシェアする