動画

協会が改憲運動下支え(衆院憲法審)

 

日本共産党の赤嶺政賢議員は10月27日の衆院憲法審査会で「改憲のための議論ではなく、憲法の原則に反する政治をただす議論こそ必要だ」と主張。自民党と統一協会の癒着について「民主主義の根底に関わる重大問題だ。憲法を議論する前提が問われるもとで、改憲議論を推し進めることは許されない」と強調しました。動画でご紹介します。

このページをシェアする