国会質問

質問日:2019年 11月 5日  第200国会  安全保障委員会

嘉手納降下訓練 日米議事録が存在 赤嶺氏質問に防衛相 近く公表

 

 

 河野太郎防衛相は5日、米軍によるパラシュート降下訓練を「例外的な場合」に米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)で実施すると確認した日米合同委員会の議事録があることを明らかにし、「(公表に向けた)プロセスの中にある」との認識を示しました。衆院安全保障委員会で、日本共産党の赤嶺政賢議員と社民党の照屋寛徳議員に明らかにしました。

 また、防衛省の中村吉利地方協力局長は、同議事録には「例外的に行われるとのみ書かれている」と述べ、日本政府が主張してきた(1)非定期で小規模(2)悪天候(3)緊急性などの要件は明記されていないことがわかりました。

 米軍のパラシュート降下訓練は、1996年のSACO(沖縄に関する特別行動委員会)最終報告で同県の米海兵隊伊江島補助飛行場(伊江村)で実施することを確認。日本政府は2007年1月の日米合同委員会で「例外的な場合」での嘉手納での実施を容認しましたが、合意の形式や内容の詳細は分かっていませんでした。

 赤嶺氏は、米軍が日本政府の中止要請を無視して嘉手納基地で同訓練を繰り返していることを指摘し、「例外」を認めた合意の撤回を求めました。

 

「有志連合」参加と同じ

自衛隊中東派兵 赤嶺氏が批判

 日本共産党の赤嶺政賢議員は5日の衆院安全保障委員会で、政府が検討している中東への自衛隊派兵について、「実質的には米国が求めている『有志連合』への参加と変わらず、多国籍軍への軍事協力そのものだ」と指摘し、派兵をやめるよう強く求めました。

 政府は、イランへの軍事的包囲網を築く「海洋安全保障イニシアティブ」(米提案の有志連合構想)には参加しないとしながら、情報収集態勢の強化を目的とした自衛隊派兵の検討をすすめています。

 赤嶺氏は、現在の中東情勢緊迫化の契機は米国のイラン核合意からの離脱だと指摘。「一番大事なことは米政府に核合意への復帰を求めることだ。政府はそれをやっていないのではないか」とただしました。

 鈴木馨祐外務副大臣は質問にまともに答えず、「首脳会談で率直な話をした」などと述べるだけでした。

 菅義偉官房長官は、自衛隊が収集した情報を米国と共有するかどうかを問われて「緊密に連携していきたい」と述べています。(10月18日の記者会見)

 赤嶺氏は、不審な船舶や航空機の情報を有志連合の司令部に報告して米軍艦船と共有することになり「有志連合に参加した場合の活動と変わらないのではないか」と追及。「政府がやるべきことは、核合意の維持をアメリカ、イラン双方に働きかけることだ」と主張しました。

 河野太郎防衛相は米国との連携について「今、具体的に検討している」と述べ、具体的な答弁を避けました。(しんぶん赤旗 2019年11月6日)

質問の映像へのリンク

米軍パラシュート降下訓練、中東への自衛隊派遣を追及(衆院安保委)

このページをシェアする