国会質問

質問日:2018年 3月 22日  第196国会  安全保障委員会

建設予定地に活断層 「沖縄新基地中止を」 赤嶺衆院議員

 

 日本共産党の赤嶺政賢議員は3月22日、衆院安全保障委員会で、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に関わり沖縄防衛局が実施したボーリング調査の報告書に、活断層が存在する疑いや、軟弱地盤の存在が記されていると指摘し、工事の中止を求めました。

 赤嶺氏は、報告書に建設予定地付近の陸域部分を走る辺野古断層(8・5キロメートル)、楚久(そく)断層(7・1キロメートル)について「活断層の疑い」と記されていることに言及。一方、政府は昨年、参院会派「沖縄の風」の糸数慶子議員の質問主意書に対し「活断層が存在するとは認識していない」と答えたとして矛盾をただしました。

 防衛省の西田安範整備計画局長は、産業総合技術研究所の「活断層データベース」など既存の文献に「活断層を示す記述がない」と説明。これに対し赤嶺氏は、同文献が取り扱うのは10キロメートル以上の断層で、辺野古付近の両断層は含まれないとして「活断層ではないと言い切れない。疑いがあることを知りながら、事実を覆い隠そうとした責任は重大だ」と批判しました。

 赤嶺氏は、報告書に「非常に緩い軟らかい堆積物が40メートル堆積」などと明記されていると指摘。「建設地の大本に関わる問題だ。一方的な工事を中止し、県との協議を行うべきだ」と求めました。(しんぶん赤旗 2018年3月25日)

 

質問の映像へのリンク

辺野古新基地建設について質問(衆院安保委)

このページをシェアする