国会質問

質問日:2017年 4月 25日  第193国会  安全保障委員会

工事着手抗議 新基地建設中止・撤回を 衆院安保委で赤嶺氏が主張

 

 日本共産党の赤嶺政賢議員は4月25日の衆院安全保障委員会で、同日午前に沖縄防衛局が県民多数の反対を押し切り、名護市辺野古への米軍新基地建設の本格的な海上工事に着手したことについて、「断じて容認できない」と抗議し、「新基地建設はただちに中止・撤回し、普天間基地を閉鎖・撤去せよ」と求めました。

 

 

 赤嶺氏は、地元紙の同日付世論調査でも、新基地建設「反対」が61%と「賛成」の23%を大幅に上回っていることを紹介。本格的な埋め立て工事を始めようとする安倍政権の姿勢を「妥当でない」は65%(「妥当だ」23%)に達していると強調しました。

 稲田朋美防衛相は「準備が整ったので護岸工事を開始した」と強弁。「反対意見が多いことは承知しているが、工事を進める」と言明しました。

 赤嶺氏は、沖縄における米軍基地の形成過程や沖縄の本土復帰の原点にふれ、「米軍基地の縮小撤去に取り組むべきであり、辺野古の新基地建設は直ちに中止・撤回し、普天間基地は閉鎖・撤去を強く求めたい」と主張しました。(しんぶん赤旗 2017年4月26日)

 

平和的外交的解決を 北朝鮮問題で主張

 日本共産党の赤嶺政賢議員は4月25日の衆院安全保障委員会で、北朝鮮問題への対応で「すべての選択肢がテーブルの上にある」とのトランプ米大統領の「言葉と行動」を高く評価した安倍晋三首相発言を批判し、「安保理決議の厳格な実施など、国際社会が一致して平和的外交的な解決に徹するべきだ」と主張しました。

 首相が評価した「行動」の中身をただした赤嶺氏に、外務省の四方敬之参事官は、「米空母カール・ビンソンと米軍の展開も含まれる」と言明。稲田朋美防衛相は、カール・ビンソン空母打撃群と海上自衛隊の共同訓練によって「日米同盟の強さを増すことができる」「地域の安定化に向けたわが国の意志と高い能力を示す効果がある」と答弁しました。

 赤嶺氏は、「北朝鮮による核・ミサイル開発は、国連安保理決議、日朝平壌宣言、6カ国協議の共同声明に反する暴挙だ」と批判。同時に、「日米同盟の強さを見せつけるなど、戦争への発展が安易に語られてはならない。絶対に戦争にしてはならない」と強調しました。

 同委員会は同日、防衛省設置法等改定案を自民、公明、維新など各党の賛成で可決。日本共産党、民進、社民は反対しました。

 採決に先立つ討論で赤嶺氏は、法案による陸上総隊の新編成は、南西地域に全国の部隊を投入し、一元的に指揮するためのものだと批判。「軍事体制の強化は周辺諸国との緊張を高め、軍事対軍事の悪循環を招くだけだ」と批判しました。(しんぶん赤旗 2017年4月27日)

 

質問の映像へのリンク

辺野古新基地、北朝鮮、陸上総隊の新編などについて質問(衆院安保委)

このページをシェアする