活動報告

沖縄県議選 未来開くセナガ氏必ず 豊見城で集い 勝利誓う

カテゴリー:

沖縄県議選(5月29日告示、6月7日投票)で、2期目を必ず勝ち取ろうと奮闘する日本共産党のセナガ美佐雄県議(豊見城市区)を「励ますつどい」が2月7日、同市内で開かれました。参加者一同は、党7予定候補と「オール沖縄」勢力の勝利で民主主義を破壊する安倍政権にノーを突き付け、暮らしや命を守ろうと誓いました。

 

 セナガ氏は、安倍政権の同県名護市辺野古の米軍新基地建設強行や異常な特権を認める日米地位協定を背景に続発する米軍の事件・事故を批判。新基地阻止や地位協定の抜本改定、「誰一人取り残さない社会」をめざす玉城デニー知事を支える決意を強調し、県議選勝利で「未来を切り開こう」と訴えました。

 

 オール沖縄の山川仁・豊見城市長、参院会派「沖縄の風」の伊波洋一議員、照屋義実・オール沖縄会議共同代表も駆け付けました。デニー知事や日本共産党の赤嶺政賢衆院議員のメッセージが紹介されました。(しんぶん赤旗 2020年2月9日)

このページをシェアする