活動報告

“諦めない”思い掲げ アベ政治許さない行動 国会前

カテゴリー:

 夏さながらの日差しが照り付ける国会正門前。千代田区の気温は28度です。3日、作家の澤地久枝さんが呼びかけた抗議行動には午後1時を前に、「アベ政治を許さない」と書かれたカードを持った人が集まっていきます。参加者は過去最多の200人になりました。

 行動後、あいさつに立った澤地さんは「今日は各地でこれが掲げられています。来月でこの行動も丸4年になります。何をやるわけでもないですけど、頑張っていきましょう」と呼びかけました。

 作家の渡辺一枝さんは「どうかこのアベ政治を許さない思いを持ち続けて、倒すまで頑張っていきましょう」と訴えました。

 先月から2回目の参加という女性(76)=東京都三鷹市=は「針の穴ほどでも9条を変えてほしくない」と力を込めました。初回から参加し続ける男性(71)=埼玉県川口市=は「消費税だって今月から上がった。庶民のことをもっと議論して」と話しました。

 日本共産党の穀田恵二国対委員長は「私どもの思いは勝つまであきらめないことです」とあいさつ。赤嶺政賢衆院議員は「辺野古新基地問題では『反対を貫くあなた方がいたから、私たちもここまでこれた』と言われました。たたかう人々がいれば団結が生まれ、勝利につながります」と話しました。

 芸人の松元ヒロさんが漫談を披露し、参加者を沸かせました。(しんぶん赤旗 2019年10月4日)

このページをシェアする