活動報告

憲法審強行許さない 国会会館前

カテゴリー:

 「憲法審査会に自民党改憲案を提示させるな」と5月9日夜、国会議員会館前行動が行われました。500人(主催者発表)が参加。安倍晋三首相が期限を区切った改憲をあらためて言及し、自民党幹部が「ワイルドな憲法審査」を進めると述べるなか、「自民党案提示させるな」と声をあげました。  

主催者あいさつした憲法共同センターの長尾ゆりさんは、「国民は改憲を望んでおらず、審査会を動かす必要はない。参院選で勝利し、9条改憲を阻止し、安倍政権を退陣させよう」と訴えました。

 日本共産党の赤嶺政賢衆院議員、立憲民主党、社民党、無所属の議員があいさつ。

 赤嶺氏は「憲法を守り抜き、辺野古新基地を許さないため、ともにたたかいぬこう」と呼びかけました。  

日本体育大学の清水雅彦教授、改憲問題対策法律家6団体連絡会の南典男弁護士が、憲法尊重擁護義務に反し、改憲に固執する安倍首相を批判しました。

 総がかり行動実行委員会共同代表の高田健さんが、「3000万人署名」を軸にした運動を広げ、立憲野党を支えて必ず改憲を阻止しよう、と呼びかけました。  

主催は、総がかり行動実行委員会、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」です。(しんぶん赤旗 2019年5月10日)

このページをシェアする